それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

異文化交流。

生まれ変わったらマシュー南になりたい@グレートブリテンの妖精こと郁ですこんにちは。


結局のところ、豚骨ラーメンが大好きなのです。なかでも、九州じゃんがらラーメンが好みの味なのですが、私の住む町にもなかなか旨い豚骨ラーメンを食わせる店があるんですね。深夜バイトが終わって散歩がてら、たまにそのお店に食べに行くのですよ(だからブクブクと太るんだけど)。そのお店は駅前にあるんですが、周辺は昔からの飲み屋街で。深夜でも、お店のお姉ちゃん方や飲み終わりのおじちゃん達で結構賑わっているんです。そんな中に混じりながらカウンターで必死に麺をすするんだけれども、これがそんじょそこらのNOVA的なものより、よっぽど駅前留学の気分が味わえる訳なのれす。


フィリピーナ・フィリピーナ・私・フィリーピーナ・フィリピーナな席順で、私を挟んでもう訳がわからない会話が交わされていたり、よくわからないタイミングで爆笑してたり。中国系の女性二人組が一杯のラーメンを分け合って食べていたり(一杯の豚骨ラーメン)。もうどこの国の方かはわからないけれど、何故かこちらをチラチラ見ながらヒソヒソ話をされたり。


和服で明らかに「ママ」って感じの女性とケバイ(ぎりぎり)お姉さんを引き連れたおいちゃんが、寡黙に麺をすすっていたり。フィリピンパブ帰りのリーマン集団の中、新入社員と思しき男の子が愛想笑いしながらそんなに食べたくも無いであろうラーメンを食べていたり。DQNなカップルが店員さんに「ねぇチャーシューサービスしてよ。無理? んじゃ金払うからさ。え? チャーシューのみは無理? は? だから金払うって。無理とか意味わかんねぇからさ、ね、いいじゃん」と、意味わかんないクレームをずっと付けていたり。


それはそれは世の中には色々な人がいて色々な人生があるんだなぁといつもながらに感じ入ってしまうのです。