それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

しばしの別れ。

年内にはカレーツアーDVDの感想を書きたかったのですが、何度再生しても、その度に新たな発見があってさっぱり書き出せません。そうこうしてる間に、美勇伝さんやメロン記念日さんや吉井和哉さんのライブに行ってきた感想も書けないままになってしまっています。っていうかもっと大前提としては卒論があるんですよね。もうすっかり忘れかけてましたが、そう言えばまだ学生なんでした。このままだと卒業できないねぇ、他人事みたいだけど。


そうそう、行ければ正月のワンダ・エルダは行ってみたいなぁ。新年早々、カオティックな空間を味わうのも粋なのかもしれないし。でも、全員集合のは絶対行かないかんけんね。迷うところです。そう言えば、2006年を振り返っての日記やら楽曲大賞やら推しメン大賞やら……色々楽しそうでやっとかなきゃな事をすっかりやってませんでした。今年の記事は今年の内に、なんて私には到底無理なお話だったという事で。ちなみに僕は「一切合切 あなたに∮あ・げ・る♪」がめちゃ好きなんで、全然結果に納得いってないかんねーばかー。


とはいえ今年一年、ハロプロのみなさんの仕事に少しずつではありますが触れていく事で、本当に楽しく毎日を過ごせました。ハロプロにはまった事は、自分の人生の中でも結構大きなトピックになりましたしね。そう言えば、愛しいあの人は3C(chance,challenge,change)が大事なんだと方々でおっしゃられています。私も来年こそは少しでも彼女の「全力力」に追いつけるような、そんな年にしていければなと心に誓う次第です。今日のラジオ番組「美勇伝やねん!」 におかれましても「人生熱く生きようよ!」「どんな事でも1位を取ろう」「人を信じるってすばらしい」「仲間って最高!」「熱くいこうぜ!!!」等と、こちらが赤面してしまうような、ともすれば陳腐にも聞こえる様なそんな言葉を「海賊の漫画(ワンピース)にはまってるから」なんて間抜けな理由で熱く語っちゃってました。でも、それを話してる彼女の雰囲気から照れや迷いが一切感じられないんですよね。本気なんです全力なんです。愚直だけど、愚直だからこそ伝わってくるものがあって。何だかんだ言って、前しか見てないんだもんあの人。良くも悪くも、だけどね。「ナンバーワンにならなくてもいい」とか「もともと特別なオンリーワン」とか、それはそれでええやんと思うけど、でも僕は常にがっついてる石川さんが大好きです。


あと、僕がハロプロにはまったのはやっぱり、ネット上にみなさんが楽しかったりエロかったり卑猥だったたり酷かったり考えすぎだったり、でも真剣な彼女らへの想いみたいなものを残してくれていたのが大きかったです。純粋に羨ましかったんですよね、一つの恋愛の形として。なので、ハロプロのみなさんと共に、今年はファンのみなさまにも感謝感謝ですね本当。


駆け足で今年を振り返ってみた所で、しばしのお別れでございます。さよなら SEE YOU AGAIN アディオス BYE BYE チャッチャ。今度も、また、楽しい時間を一緒に過ごしてください。とっても幸せでした。という事で、今から帰省してきまーす。