読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

バレンタイン・キッス 後編

ハロプロ

前回のいしよし続き(http://d.hatena.ne.jp/flyingprincess/20070216#p1


吉澤  で、(机の上の荷物を指して)これがみんなからもらったチョコレートね。

     いやさ、だから今日は本当に疲れたよね、精神的に。っていうね、話だったんだけど


石川  ……


吉澤  ん? どうしたの、さっきまであんなにノリノリでボケてたのに


石川  つまんない。


吉澤  は?


石川  ちょーつまんないんですけど


吉澤  え、ちょっと、どういう事?


石川  って事はつまりさ、それってさ、単に「私、後輩から愛されてるんですぅ」的なさ、そういう話なんだよね?


吉澤  え、まぁ、そういう事になるよね


石川  私は?


吉澤  え?


石川  ねぇ、私は?


吉澤  え、何が?


石川  だから、私は?


吉澤  えっと……あ……ひょっとしてさ、あの、梨華ちゃんも欲しかったの? チョコ


石川  欲しいの! 私もチョコ欲しいの!!


吉澤  いっぱいあるからそこのあげるよ


石川  違う! そういうことじゃないの!!


吉澤  え、じゃぁ、後で買って来てあげようか?


石川  それじゃヤなの! ダメなの!!


吉澤  赤子か。っていうか、何、どういう事よ


石川  チョコが欲しいんじゃなくてね、そのシチュエーションが羨ましいの


吉澤  っていうと?


石川  その何? 後輩が一生懸命先輩を喜ばそうとしてる、なんていうの?

     愛しあいされ的なポジションっていうのかな、とにかくそういう感じのよ


吉澤  えーそんなん別にあんただってさ、あの、美勇伝の二人とか


石川  それは、ほら


吉澤  あぁ、そっか。じゃぁ、あの、そうだ、重さんとか


石川  あの子も、ね?


吉澤  あぁ、あの子はね。まぁあんたはねぇ。しょうがないかもねぇ


石川  え、それどういう意味?


吉澤  いや、別に。


石川  ズルイズルイ! よっすぃばっかりズルイ!! 私も愛されたい! 愛されたいの!!

後輩に尊敬されながらも親しまれつつ愛されたいの!!! 愛を一身に受けたいの!!!!


吉澤  何の発作? 大丈夫?


石川  っていうかさ、何でそんなによっちゃんって後輩にモテるっていうか、信頼されちゃう訳?

     一回聞いてみたかったんだよね。


吉澤  それはほら、あんたにないものを持ってるからだよ。


石川  あぁそっかー、ってこら!!


吉澤  相変わらずヘタだよね、そういうの。


石川  自分、不器用ですから。まぁそれは置いといて。

     んーでもね、ちょっとマジでそういうコツとか聞きたいかも。


吉澤  何だろうなぁ。怒るとこはちゃんと怒る、とか?

     ほらネチネチ怒るのもよくないし、そういうとこは向いてるのかもね。

     男っぽいって事なんかなぁ


石川  まぁね。よっすぃはみんなの前だとオトコマエだからね。

     なんだろ、誰か真似してる人とかいるわけ


吉澤  えーそりゃやっぱり中澤さんだとか飯田さんはやっぱり、ずっと側で見てきてた訳だし


石川  うん、そうだよね。やっぱそういう人達からアドバイスとかもらえると嬉しいよね。


吉澤  あとはそうだなぁ、あ、一人いたわ


石川  え、誰々?


吉澤  んーでも、あんまり身近な人とかじゃないけどいい?


石川  え、大丈夫だよ。連絡取れる人なら自分でアドバイスもらいに行くから


吉澤  じゃぁ、メモってね?


石川  OK


吉澤  えっとね、T、A


石川  え、外国の方?


吉澤  T、S、U、O


石川  うんうん「タツオ」


吉澤  ウメミヤ


石川  タ、ツ、オ、ウ、メ……え、え、ちょっとまって


吉澤  U、M、E


石川  うん、違うの違うの、スペルとかじゃなくて。え、タツオウメミヤって、梅宮辰夫さんだよねこれ


吉澤  はい、梅宮辰夫その人です


石川  え、何で


吉澤  いやいやいや、逆にこっちが聞きたいですよね


石川  ん??


吉澤  だから梅宮はオトコマエだろって事ですよ


石川  ……あ、参考にしてる訳ね、梅宮さんを。ってか、なんかちょっと古くないその例え


吉澤  お前梅宮バカにすんなよ


石川  さんね、さん。え、よっちゃんそんな好きだったっけ? 梅宮さん


吉澤  いやだってさ、あの、深夜に只野仁ってドラマやってんの知ってる?


石川  あぁ、うん、わかるよ?


吉澤  それにたっちゃん出てるんだけどさ、対して演技もうまくないわけ、辰夫。そのくせ……


石川  ちょちょ、若干バカにしてないそれ


吉澤  してません。


石川  オトコマエの例えなんだよね?


吉澤  そうっす。っていうか、あんなに黒いくせに漬けてんのよ? 野菜を。毎日毎日。飽きもせず


石川  何かバカにしてるように聞こえるんだけどなぁ


吉澤  してません。だって旨いもん、たっちゃん漬け


石川  あぁ、梅宮さんが漬けてるお漬物ね


吉澤  うん、だからたっちゃん漬けね


石川  うんわかってるよ? 梅宮さんが漬けてるお漬物


吉澤  だからたっちゃ……そっか、梨華ちゃんはね、そっか。


石川  そうなの。


吉澤  つかさ、嫁が外国人で娘がハーフってもう、それだけで男のロマンっていうか夢っていうか

     生き様そのものがオトコマエな訳よ。そりゃ参考にしちゃうよね


石川  ……つか、どこをどう参考にしたらこうなったのかがわかんないけど。

    っていう事はさ? ℃-uteの子等は、何なら梅宮さんに惚れてると、そういう事?


吉澤  まぁ、そういう事になるよね。


石川  ……んーー怖いわ。怖いわそれ。

     もうよっすぃに問題があるのか℃-uteにあるのかわかんないから余計に怖いよ。


吉澤  まぁ、あんたもよかったら参考にしてみなよ


石川  大変なんだね、後輩に尊敬されるのって。何か私、甘く考えすぎてたっす。チョコだけに。


吉澤  ……(呆れ顔)


石川  大変なんだね、後輩に尊敬されるのって。何か私、甘く考えすぎてたっす。チョコだけに。


吉澤  ……(無視)


石川  何か私、甘く考えすぎてたっす。チョコだけに。


吉澤  梨華ちゃんね、そういうとこ、ね


石川  うん、知ってた。んーわかった。わかったよ。何にせよ、梅宮さんを参考にすれば良い訳ね?

     じゃ私、とりあえず何か梅宮さんの出てる映画でも見てみるわ。レンタルショップとかにあるよね


吉澤  あんじゃないの?


石川  なんだろ、トラック野郎的なのとかかな


吉澤  知らねぇけど


石川  ねぇ、本当に尊敬してるの? …まぁいいや。じゃーとりあえず行ってきますね


  

  石川、身支度を整え外出しようとしたところで、吉澤、呼び止める。



吉澤  ちょっと


石川  何?



  吉澤、石川の振り向き様にキス。



吉澤  (事も無げに)行ってらっしゃい


石川  (満面の笑みで)行ってきます



  石川、吉澤の頬をつまんでから外へ。

  吉澤、何事もなかったかのように部屋に戻る。



終。