それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

お台場冒険王 ガッタス公開練習 8/10


暑。ふと気付けば灼熱のヲタ地獄こと、お台場のガッタス公開練習場に座っております。朝からじっと列に並び続け、太陽の紫外線にも家族連れの視線にも負けずやっと辿り着いたこの場所。そんなこんなでまもなく始まりそうな気配なのです。吉澤さんに石川さんに藤本さんに俺だけのキーちゃんもいて、こんな至近距離に天国が見えております。客席は地獄だけどねー。って言ってたらきーちゃん来たよ!つかアマラオじゃん、俺だけのアマラオいんじゃん!!!キングオブトーキョーのアマラオやで。何故。何故、こんなところにアマラオが。僕の目線は一気にロックオン状態。他のコーチと連携取れてないアマラオ。コーンの置く位置をしきりに確認するアマラオ。でも連携取れてないから「こんなもんかな?」的な感じでなんとなくポイントを置くアマラオ。エッグメンにボールタッチの基礎を教え込むアマラオ。紺野さんとハイタッチするアマラオ。あー早くFC東京に戻ってきて今のチームに活を入れてくれ!! でも今の「ガッタスに北沢とアマラオ」ユニット状態は面白すぎるので、もう少しこのままでもいいや。


この日の気温と日差しはかなりキツくて、全体的に動きも抑え気味。それでもガッタスを初めて生で見て、素直に「上手いなぁ」と思いました。柴田さんとかトラップきっちり足元に収まるし、里田さんなんてパス&ゴーをきっちり理解して使いこなしてたし。石川さんも序盤はついてくの厳しいのかなと思ってみてたけど、ミニゲーム後半からの動きは結構サマになってたからなぁ。勘を取り戻しながら試運転って感覚だったっぽい。あとゴレイロは確かに紺野さんいないと成り立たないね。あれはしっかり練習をしてきた人じゃないとできない動きだった。それにつけても是永さんと里田さんのマッチアップは見応えあったよ。ある意味二人だけの世界に突入しちゃってたからね。華麗に抜き去るというよりはむしろゴリゴリと体をぶつけ合って押し込んでいって、その中から隙を見つけようとしてるから、その筋の方にはたまらない光景だったんじゃないでしょうか。どの筋かは知らないけども。


石川梨華。吉澤さん達に背中に氷を入れられて一人で悶えている石川梨華と、それを爆笑するでもなく無視するでもなく、ただ見つめているほかのメンバー達。暑かったからだと信じたいけど、でも、「あぁ、そういう風に世の中はできているんだな」と、何か世の無常を悟った瞬間でした。そしてこの日は北沢スーパーバイザーの39歳のお誕生日。という事はもちろんお祝いがある訳で、という事はもちろんBGMはあの曲なのであり。「初めてのハッピーバースディ!」がかかった瞬間、素早くマイクを石川さんに渡す吉澤さんに「巧み」です。そんでもってクソ暑い中練習終って疲れてるのに、縦に飛んで横に揺れてと観客を煽る石川さんにも巧みです。こういうところが彼女らを信用できるポイントだわ。


という訳でガッタス童貞を捨ててきたんだけれども、とりあえず痛い、日焼けが痛い。直射日光が相当酷い事になっていて、こんな中で練習してる彼女達には素直に頭が下がります。あと能登有沙さんがかわいすぎる。以上。