読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

HURRY GO ROUND.

ハロプロ

彼女が帰ってきました。歌を歌うことが大好きな彼女が、帰ってきました。電話もまだ来ないしメールもまだ来ないから、置き手紙を残して、やっとこちらに帰ってきてくれました。どんなメロディだろうと、どんな歌詞だろうと、それは「うた」だから、うたをうたう彼女はいつだって素敵だったから、だからそれでいいんだよ。おかえりなさい。


狂い咲く季節が 止めど無く溢れる

また いつかと同じ 繰り返す戯れ 

蔦の葉密やかに 根を広げた頃に 

目に映る景色は 音も無く過ぎ去る


彼女が帰ってきました。L.Aだなんてあまりにわーるどわいどな場所から大きな声で「ただいま」と、いつだって彼女は唐突で。そんでもって「ストレッチしてる時って、無よね。」だなんて急に真理を付いてくるからさ。やっぱり彼女に日本は狭すぎたぜ。天衣無縫なあなたを日本で待ってます。おかえりなさい。


何処か 彼方を目指し

過ぎた記憶 足蹴に 

悲しい訳じゃなく でも 嬉しくもない 

束の間に意味など知り得る術も無く 

ただ 鮮やかさだけ 昨日に駆け抜けた 

痛み忘れ巡り行く まだたどり着く場所

見当たらず進む 


彼女が帰ってきました。何を書いたらいいかわからないくらいいろんなことがあったし、書いたら書いただけ辛い気持ちになってくるので、あえて書きません。わかってるよ、行く先が見えないことくらい。暗雲が立ち込めてることくらい。でも、そんなことは、そんなことだよ。それにしたって、なんだか全てを超越するくらいお綺麗になられて。単純にべっぴんさんです。こんなに「そこにいてくれるだけでいい」と待ち望まれている人も珍しいよきっと。願わくば、無事に、ただずっとうたをうたっていて欲しいなと思います。おかえりなさい。


あの日見えなかった 

愛でるべき花たち 

今 日だまりの中


首かしげ それでもやさしく 微笑んでいる


まわる まわる

こま切れの記憶の奥で 瞬く 

涙も雨も 砂に呑み込まれて 

急ぎ 廻れ 砕けても 

果敢無く散るが故にも

今を待たずに


ミキティゴマキアイボンも目の前からいなくなって、人によっては心の中で死んでしまって、それでもまた、藤本美貴後藤真希加護亜依も帰ってきてくれました。あの日見えなかった、愛でるべき花たち。やっと、僕らの前へ帰ってきてくれました。だから


ただ例えれば

実る果実の芳しく眩い香りも 

ひとつ季節彩り

そっと枯れ落ちたとて

蔦は絡まり 身は朽ち果てて

思い出の欠片 土に帰り 

また花となるでしょう


Like a merry-go-round&round


また 春に会いましょう


おかえりなさい。また 春に会いましょう。