読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

「THE有頂天ホテル」三谷幸喜

 三谷幸喜が、やっと映画界で本領発揮という感じだろうか。舞台作家なのに「映画」を撮ろうとしてたのが前回までで、今回は映画を舞台の手法で作っていたように思う。というより、映画制作に慣れて来て、自分の手の内で作品を操れるようになっただけなのかもしれない。邦画をどうしても積極的には見れない私でも、これは素直に面白いと感じた。

 ワンシーンワンカット長回しの手法がぴったりはまっていて、舞台の文法をそのまま引用できたのが成功の秘訣か。シーンの中で重要でない人物もしっかり生きていたし、笑いを誘っていた。こういう所が演劇的だなぁ、と。シチュエーションの積み重ねとミスリードの畳み掛けで、作品のテンションも落ちずに飽きる事無くエンディングまで見る事が出来た。各役者さんに見せ場と存在感があり、「オールスターキャスト」何ていう言葉だけの作品に陥らず、しっかり作品に必要なパーツとして存在していた。何だかんだで戸田恵子さんみたいな「良い」女性を描くのが、三谷さんお得意。それにまんまとはまる僕。ラストは、YOUさんの歌と表情にやられる。年増なんて言葉は彼女達に存在しないね。素敵。っていうか、私が年上好きなだけか。

 全体的にベタなんだけど、鑑賞後に拍手したくなるような至福の一作。