それにはあまり意味がない

オタクになりきれない私の、オタクに憧れる日々のあれこれ。