それにはあまり意味がない

オタクになりきれない私の、オタクに憧れる日々のあれこれ。

HKTBINGO! #2 HKT48お笑いオーディション後編

 前回(感想は下記リンクへ)に引き続き、お笑いオーディション中のHKT48メンバー。

スタッフの雑なボケへの対応
  • 目覚まし時計、スニーカーを携帯電話に見立てるボケ

番組の撮影中かつ「お笑いオーディション」である旨を事前に伝えられているメンバーにとって、何があっても咄嗟にリアクションをとれるよう、アンテナを張り巡らしている状態で進行する状況。全員に同じ条件を与えた上で、多様なパターンを観せるのが「お笑いリアリティショー」としての面白さ。普通のバラエティ番組なら、平均・模範解答・失敗の3パターンを流す程度で済ますところを、メンバー毎により細かなパターンを提示している。例えば、同じ「目覚まし時計にツッコむ」パターンでも、「照れて間が悪い」「時計が…と続く言葉が出てこない」「エセ関西弁」など多様性を示すことで、結果として面白い間やパターン、フレーズが浮かび上がる構成となっている。

 

続きを読む

HKTBINGO! #1 HKT48お笑いオーディション前編

久々のBINGOシリーズとなるHKT48。今回のテーマは、ガチな「お笑い」。一流の構成作家さんがメンバーのお笑いセンスを見極めるオーディションの審査員、ネタ作りのブレインとなり、年末のお笑い賞レース決勝進出を目標に活動するバラエティ番組。日本テレビ系列ということで、おそらく女芸人No.1決定戦の「THE W」とのタイアップ企画なんだろうな、程度の認識で初回を観てました。が、初回を観終え、これはぜひバラエティ番組好きなあなたや、お笑い番組好きなあなたに観てもらうべき番組だということで感想を書き殴っている次第です。

 

番組の構造として複数の視点・切り口があり、内容に深みを感じる作りになっています。アイドルがお笑いの賞レースを目指す青春ドラマとして。一流の構成作家がお笑いの素人を指導するリアリティショーとして。バラエティ番組やタレントを解体するメタ視点のバラエティとして。どの視点からみても丁寧な作りで、非常に濃密な30分間でした。

続きを読む

ちゃん24時間テレビ? 実況と感想(随時更新)

負けないで。何に勝っていて何に負けているのかもよくわからない、そんな現在2016年12月24日午後14時00分。NMB48様からの年末の施し、あるいはクリスマスプレゼントであるところの、ちゃん24時間テレビ再放送がスタートしております。本日は限界までちゃん24時間テレビの視聴を続け、感想を書きなぐっていく所存であります。そんなクリスマスイブ。

 

本放送で観た感想も途中から混在します。実況的な感覚で感想をツイッター:@lovelyallnight でつぶやきつつ、ブログにも転載していきますが、後々文章に書き換えていきますのでご覧いただければ幸いです。

続きを読む

AKB48 45thシングル選抜総選挙 僕たちは誰について行けばいい? 感想

とにかくテレビを観ながら感想を書き連ねてまいります。どきどきしている上に画面がん観しながらなので、細かい順位や名前間違いなどあると思いますが、ご容赦ください。後で直していきます。

 

続きを読む

HKT48のおでかけ! #163 春に大忙しのお花屋さんでお仕事体験 後編

前回(HKT48のおでかけ! #162 春に大忙しのお花屋さんでお仕事体験 前編)に引き続き、花屋さんでバイト中のHKT48のメンバー達。

配達チーム

バラを30本お届けしに行くおでかけ一行。今村麻莉愛さんの快活さがえげつないレベル。アニメーションの域に達するアイドルは稀にいるけれども、HKTならやっぱり今村さん。なこみくちゃんたちはかなり人間感出てきてるし。

続きを読む