読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それにはあまり意味がない

明日の朝、目覚めるための夜の過ごし方。

HKT48のおでかけ! #162 春に大忙しのお花屋さんでお仕事体験 前編

朝長美桜先生の「脱ぎまくり(さっしー談)」な写真集を見る指原さんと後藤さん。グループ交際的で健康的な水着から、徐々に2人きりになっていくドキドキ感が良いと的確なレビュー。SKE・谷真理佳先生のグラビアの話題を差し込む2人の愛情が素敵すぎて。

 

さて、今はいよいよ兒玉遥先輩がおでかけセンターを務める「豪華な」おでかけ。松岡はなさんにファーストコメントを求た瞬間に坂口理子さんが「ついにこの番組もはなちゃんに寄せてきた。はなちゃん中心だから花屋さんへ行くんだ」と毒づき、そこにすかさず村重杏奈さんも「もういやだよ。やってらんねぇよ」とかぶせてくる最高な立ち上がり。やってらんねぇ発言の直後、りこぴがさらに「じゃあ(帰っていいよ)」とボケて村重さんが「それはヒドイよ!」と突っ込んで、結果的にベテラン2人が画面を独占するという老獪なテクニックを見せつけられただただ驚愕。この流れには後藤兄さんも満足げ。

店内作業チーム

笑い方が特徴的な店長さん指導の下、花のディスプレイ周りの作業を行うメンバー達。どんな職場でも似合う坂口さんだけれど、店長さんの笑い方を一番最初にイジッたのはやっぱりりこぴ。さらに、ディスプレイ内の花の並べ方に関してダメ出しされた時にも、場の雰囲気が暗くならないように真っ先に明るく振舞いながら作業再開したのも、やっぱりりこぴ。彼女の気遣いと頭のキレと華やかさは、やっぱり鮮やかで際立って見えます。そんな坂口さんと共に作業をしていた栗原紗英さんも、チームT2では坂口さんポジにいかなきゃダメだしいけるはずの人材。頑張ってほしい。

配達チーム

社長に花の包装と配達を習うメンバー達。村重さん仕切りで村川緋杏さんが噛みついていく構図。うまくプロレスに昇華できてなかったり、指原さんに「この2人でプロレスをやろうとしていること」が上手く伝わってないためにちょっと空回りしちゃった印象。やっぱりHKT48の司令塔である指原さんに意図が伝わらないと苦しい展開になってしまいますよね。詳しくは後編の感想にて。今村さんの「花屋の娘」感に救われた形になったかと。

 

指原さんの「付き合う男の3大条件」の話が、オリエンタルラジオのPERFECTHUMANこと中田さんの嫁であるところの福田萌さんとそっくり。っていうか、もう話の内容が生々しすぎてもはやアイドルの領域はとうに超えてて凄まじいっていうところで今回のおでかけ感想終了。後編に続く。

 

(2016.04.21放送 HKT48おでかけ! #162)